言葉に知性を散りばめる

お元気ですか?ジャスミンです。

日本はものすごい寒気に覆われているようですがいかがお過ごしでしょうか?くれぐれもお身体ご自愛くださいませ。

また少し更新に間が開いてしまいました。
言い訳するようですが年が明けて分刻みのスケジュールで日々がものすごい速さで過ぎていきます・・・

一月は「いく」二月は「にげる」三月は「さる」と言われますが、まさにこの時期は毎年のように時間に追われるような日々を過ごしています。でも!ランニングと筋トレは欠かしていませんよー(笑)毎日お尻は筋肉痛のような気がしています・・・

明日は長男とこんなイベントに参加します。Abu Dhabi Sports Council City Run

毎年出場しているランのイベントが今年は日本人会の運動会と重なったので今年はこちらのイベントからスタートです。とは言っても5Kのコースなので30分もあれば終わってしまいますね。帰国前に10Kにチャレンジしておきたいところです。

glasses-850195_640.jpg

さて、前回日本に帰国した際、本屋さんによく出かけたのですが目についたのが「語彙力」についての本でした。最近は平易な言葉しか使えない人が増えているようで国会議員の方の中でもご両親の話をするときに「わたくしの父が」ではなく「僕のお父さんが・・・」と話されている方もいらっしゃいますし、若い方だけではなく私たち世代でも敬語などを苦手に思っている方は多いようです。

しかし、語彙力が高い方は会話をしているとやはり「あ、この方はちょっと違うな」と思いますし知識をひけらかしているわけではなく普段からきちんとした上質な言葉を話している方はやはり本をたくさん読むだけでなく、話題も豊富ですし日頃からいろいろな勉強されていて上質な人生を創ろうとされている方だと思います。

私はもちろん語彙力が高い人間ではありませんが、言葉遣いには気をつけているつもりです。少し気をつけるだけで印象も変わってきますよね。

アブダビ日本人学校ではありがたいことに英検と漢検を受験することができますが学校も推奨してますので生徒たちは低学年でも自然と漢検、英検を受験しています。とてもありがたい環境で学ばせていただいていると思います。私は子供たちに交じって英検、漢検ともに準2級を受験したことがあります。

わりと英語はこれから必須ですから、もちろん英検に力を入れている方は多いのですが軽視されがちな漢検こと漢字検定は私にとってとても勉強になりました。漢字検定はただ難しい感じを読み書きするだけのテストではなく対義語、類義語の勉強も大切になってきます。語彙力を高めるにはとてもよい検定だと思います。

そして私がとても興味を持って勉強したのが四字熟語でした。「大同小異」「曖昧模糊」「難攻不落」「自画自賛」「破顔一笑」などなど。

四字熟語の問題数はそれほど多くはありませんがやはり問題集を解いておかないと受験は難しいのですが、たくさんある四字熟語の勉強がとても楽しかったのです。そしてそんな言葉はビジネスシーンでもとても大切なものであることも知りました。いえ、ビジネスシーンだけでなく普段のメールのやりとりや初対面の方との会話などでも役に立ちます。

「鼓舞激励」などはOL時代に幾度となく目にも耳にもしました(笑)

語彙力をアップしましょうという内容の本には必ずといっていいほど四字熟語が出てきます。意味を理解してさらっと四字熟語が会話やメールの中で出てきたら「おっ!」と思います。

四字熟語もそうですが少しでも上質な言葉が出てきましたら素敵な方だなと思ってしまします。

以前、顔合わせを兼ねて保護者の集まりがあった際、お一人、何の連絡もなく欠席された方がいらっしゃいました。私がその後何となくくお伺いのメールを差し上げましたらその方は「失念しておりました!大変申し訳ございませんでした!」と一文が返ってきました。「忘れてました!すみません!」より数段、知的だと思いませんか?

それだけでこの方にお会いしたことがなくても「きちんとしたご婦人なんだろうな。きっととてもお忙しかったんだろうな」と思えました。

言葉ってそのくらいその方の印象を決めるものなんだと思っています。まさに「言霊」と言われるように言葉には発した方の魂がこもっているものですから。

そう考えると言葉を発することを難しく考える方も中にはいらっしゃるかもしれませんが若い方が「チョー、ムカつく」とか「チョー、ヤバイ」とかテレビで言っているのを見てあまり良い気持ちがしない方でしたら少し言葉遣いに気をつけるだけでも行動が変わってくるのではないでしょうか?

言葉遣いにうるさいオバサンでごめんなさい(笑)

友達同士でそんな言葉で話すのも必要な時はあるかもしれませんが、遅かれ早かれいずれはそのような言葉から卒業しなければいけないと気づく時が来るはずです(笑)ビジネスパーソンの方はすでにお気づきかと思います。

小さいうちからきちんとした語彙を増やしておくことは大切だと思います。我が子たちにも普段からいろいろな言葉を聞かせておきたいと思います。意味を聞かれたらその都度、意味を伝えているつもりです。

漢字検定、お子様にもですがよろしかったらお母さまも受験されてみてはいかがでしょう?
私も次回2級受験してみようと思います。合格点80点以上なのでハードル高くなりますが子供たちにだけ「受験しなさい、頑張りなさい!」って言うのも不公平ですよね。親も頑張りましょう!(笑)

前回漢字検定受けたときは長男と娘と同じダイニングテーブルで勉強していました。それぞれ受験級は違いましたが問題出しあったり、受験結果をネットで見た時は3人でハイタッチしたり・・・楽しかったですよ。

これ見よがしではいけませんが、子供たちに頑張っている姿を見せることも大切だと思っています。

でも毎晩、寝る前にスクワットしてるのはこれ見よがしでしょうか?(笑)続けますけどね・・・

さぁ、アブダビは週末です。明日のイベントの様子アップできたらしますのでお楽しみに。

寒い日本とのことですが暖かくして体調など崩されませんように・・・
またすぐにお会いしましょう。

それではまた・・・







この記事へのコメント